LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2018.09.17 Mondayに書かれたものです。

 

Strandnerg J-Series (Sugi Guitars) Custom Model オーダーツアーへ!!

 

エレクトリックギターに新たなムーブメントを起こしたStrandberg(ストランドバーグ)。

国内でも屈指の販売量を誇る当店は今回、Jシリーズのオーダーと木材選定を兼ねてファクトリーツアーへ行って参りました!!

 

まずは、こちらの看板も無い工場は長野県の松本市にある“Sugi Guitars”です。ストランドバーグの日本製(J-Series)は、ダイナ楽器で生産されているのでは!?とお思いのファンは鋭いです。なんとStrandberg J-Seriesの製造や木材供給のアドバイザーとして、Sugi Guitars代表である杉本 眞が携わっているという事をご存知の方は少ないのでは無いでしょうか。Sugi Guitarsといえば国産ハイエンドギターブランドを代表する工房。代表兼マスタービルダーである杉本氏の持つ豊富な知識と経験がStrandberg Jシリーズに活かされています。(杉本氏の偉大さにつきましてはこちらでは割愛させていただますので、是非調べてみてください 笑)

 

なんと、今回のオーダーツアーは木材選定をSugi guitarsのウッド・ライブラリーからチョイス可能というなんともスペシャルな企画!!

木材に対する深い造詣はもちろん、ここまでの種類の希少な銘木を入手出来るのも杉本氏の持つルートが成せる技です。

 

杉本氏直々に、各材の特徴からギターに使用した場合のサウンドの傾向まで、非常に勉強になるお話を伺うことが出来ました。(木の切り方やアクアティンバーについて等々、非常に勉強になるお話を聞かせていただきました。(こちらで書くと長くなりますのでまたの機会にさせていただきます!!)

 

同時にこの時オーダーしたJ-Standardはすでに入荷しております!!

在庫、詳細はこちらから

 

 

J-Standard(貼りのトップ&ソリッドバック)とは違い、チェンバー構造のボディーに厚みのある無垢のトップ材を使用するJ-Customは、ルックス面での高級感のみならずサウンドにおいてもその影響は強く出ます。

 

 

肝心の木材選定ですが、Sugi Guitarsの豊富なウッドライブラリーの中から、トップ材(J-Custom)専用の選定を中心に行いました。

 

 

海外の某大手ブランドのストックに比べれば定番材総量はもちろん少ないかもしれませんが、様々なオーダーメイドギターを製作するカスタムギターブランドSugiさんだけあって、驚いたのは木材の種類の多さ!!

恥ずかしながら初見の木材もちらほら、、、、、、ウッドフェチには堪らないのではないでしょうか!!

 

 

 

ホワイト・エボニーや杉さんが総代理を務めるアクアティンバーなど、トラッドなギターでは使用されないSugi Guitarsならではのストック材です。

 

こちらは近年海外のギターでは度々目にするリオグランデ パリサンダー。

 

さて、この豊富な材から今回のJ-Custom(ホローバック&無垢のトップ材)はオーダー可能なわけですが、希少材だけに価格もなかなか良い!!?

 

当店では悩みに悩んだ結果、珠玉のトップ材をゲットいたしました。もちろん一点モノのトップ材は抽選(じゃんけん)となったのですが、、、、、、、、。

 

なんと、、、、、、、、、今回は負け知らず!! 全て第一希望の木材をゲットいたしました。

 

 

まずは現在これ系のギターブランドでは超人気材となったBuckeye Burl(バックアイバール)!!

ここまで強烈なバール杢は希少。

 

 

※こちらは以前入荷した 2016 J−Custom Boden J7 Buckeye Burl Topの画像。

 

前回は2016年に登場しましたがワンロットの限定モデルだった為、買い逃したファンも多かったのではないでしょうか!?今回はさらに強力な杢と、これまでにないP.Uの組み合わせでオーダー予定!!

 

こちらはPoplar Burl(ポプラバール)。美しいキルト、さらに1ピースですよ!!

 

ご覧の通りSugi Guitarのベースのボディー材に使用予定だったのでしょう(笑)

薬品をかけて塗装後のイメージをチェック。さらに立体的な杢が浮き上がってきます!!

こちらはどんなカラーにしようか!!?悩みますね。

 

 

こちらは以前のスェーデン製のポプラバールですが、今回ゲットした材も引けを取らない美しさです。

 

 

そして、トップ材の代名詞!!近年価格の高騰が著しい極上のキルトメイプル。

なんと6Aグレードです!!これは自然な杢目を活かしたい!!!

 

ちょっと写真がボケてますが、、、、激トラのクラロウォルナット!!硬質なタップトーンはサウンドも楽しみです。

 

 

この最高のトップ材を使用するだけだはなく、カラーやP.U、初となるハードウェアのカラー変更まで!?

まさにカスタムショップとも言える、これまでに無い一本をオーダーしております。近日入荷、乞うご期待!!

 

国内屈指のストック!!Strandberg 在庫はこちら。

 

お問い合わせ

宮地楽器 神田店

03-3255-2755

 

 

 

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10