楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
mail magazine
アンプラウンジ
modsynth
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセスマップ

営業時間
月曜〜土曜 11:00〜20:00
日曜・祝日 10:00〜19:00

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-2755
FAX:03-3255-0382

スタジオ予約専用番号
TEL:070-5599-4157

>>お問合せフォーム
>>アクセス、フロアガイド
>>ご来店予約



 

記事を検索

categories

selected entries

archives

Hofner ファクトリー レポート その2の前に、、、、、

この記事は2018.06.18 Mondayに書かれたものです。(古過ぎる記事の場合はこちらより最新の情報を閲覧下さい。)

 

 

Hofner ファクトリー レポート その2の前に、、、、、。

 

 

Hofnerのバイオリンベースに張られている弦と言えば、グリーンのリボンが特徴の“Pyramid”Gold。1956年にヘフナーがヴァイオリン・ベースを発売当時にレファレンス・ゲージとして採用されて以来、現在も出荷時はこちらの弦が使用されています。

 


実はこのピラミッド社がHofnerの工場から歩いていけるくらいの距離にあるのはご存知でしたか!?



というわけで今回、Pyramidの工場にもお邪魔しました!!



Hofenr純正弦はHofnerのパッケージに入っていますが、実は中身は同じ。
HofnerとPyramidとは非常に古く深い縁があり、この工場内自体がHofnerの博物館とも言える内容となっています。

圧巻のコレクション!!どん!!















すごいですねー。見たことのないモデルもありましたが、なぜか500/5が無かった、、、、、、、。

肝心の弦の製造現場ですが、こちらも夕方からお休みとのことでわざわざ機械を動かしてくれました。





こちらは弦にボールエンドをつける機械です。




手巻き部分の作業も実際に見せてくれました。昔ながらの生産工程をしっかりと残した、ハンドメイドのストリングブランドです。

しかし、個人的に気になるのはバイオリンベース用のPyramid Gold 弦!!




ということで、こちらは弦の材料が保管された倉庫。芯線、巻線、リボンの糸等の全ての材料がこちらにストックされています。



こちらがHofner純正弦とPYRAMID/Gold に使用される材。



そして、お馴染みのグリーンのリボンも!!


Hofner社のパッケージ・バージョンもありますが中身は同じです。



パッケージも手作業ですよ!!!



帰りに振り返るとロジャーマッギンが見送ってくれました。リッケンの12弦といえばこの弦ですね。

弦までがこの町の中で作られているHofner。これぞ真のMade in Germany です!!


続く、、、、。


・Hofner ファクトリー レポート その1
 

友だち追加