オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
  • SHURE
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2018.07.09 Mondayに書かれたものです。

 

 

Hofner 500/1 Violin Bass レリック シリーズ入荷 !!


半年くらい前でしょうか。
HofnerのFaec Bookでその存在が明らかになり、話題となっていたレリックモデルがついに登場!!

 

 

 

 



今回は63モデルの右/左と61モデルの右/左がラインナップ。価格がレフトハンドも同じというのは嬉しいですね!!
国内ディーラーとしては唯一の全ライナップを取り扱い!!

詳細&商品ページはこちら



Hofner 500/1 Violin Bass 63 Relic


63というモデル名が付いているということは、、、、あの最も有名なHofnerベースを意識していることが考えられます。

しかしながら個体毎により傷の位置が違うので、あくまでエイジド加工とアンティークフィニッシュの風合いを楽しむモデルとお考えいただくのが良いでしょう。リアP.Uの位置などからWHP3rdをベースモデルとしている事が予想されます。ネックのシェイプ、フレームネック等もWHP3rd同様。

かなり大胆なエイジング処理が施されておりヴィンテージとはまた違った風合いと言えますがとにかくカッコイイんです!!



この個体に関してはリアP.Uの下側、“まさに”な位置にキズ加工が施されています。



これはHofner Facebookで確認できたレリックの作業の模様。この塗装は通常フィニッシュよりも薄く有機的。ルックスだけではなくサウンドもすでに熟れた鳴りを演出してくれます。



以前、ファクトリー・ツアーに行った時にこの作業場はバイオリンやチェロの塗装ルームだったことは確認しています。

細かな内容はわかりませんが、このレリック塗装自体が通常のラインと異った工程で行われており、バイオリン部門のマイスターが加工を行っているようです。




当店オーダーで初採用となった赤ワッシャーが採用されています!!



このアンティークなフィニッシュは、トップのスプルースとバック&ネックのフィギュアード・メイプルをより一層深く美しく見せてくれます。



Hofner 500/1 Violin Bass 63 Relic Left Hand

ポール同様にレフティーユーザーも多いのがヘフナー。もちろんレフトハンドも用意されています。
この個体はキズの位置もポールの物に似てますね。

そして61キャーバーンタイプ!!



Hofner 500/1Violin Bass Relic 61




Hofner 500/1 Violin Bass Relic 61 Left Hand

61年タイプはポールの手元にあった時間も短く、最終的には大掛かりなリペアがされていましたのでピュアなHofenrファンにオススメしたいモデル。ちなみに今回の生産割合として61モデルは圧倒的に少ないとのことですので、どちらがレアかと言われればこちらの方です。



次回生産未定、激レアモデルとなる事が予想されます。Hofnerでは珍しく近年に無かった新たな挑戦!!

当店の100周年モデルと共に一歩進んだヴィンテージスペックのバイオリンベースをこの機会にチェックしてください。

 

 

 

 

 

 




  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
  • SHURE