オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2019.04.12 Fridayに書かれたものです。

Freedom Custom Guitar Research  当店 オーダー “Vintage Spec” Pepper” が入荷!!

日本が誇る職人集団 FCGR(FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH)から当店オーダーモデルが一挙入荷!!

 

 

前回、当社100周年の企画としてオーダーした Retrospective ST Vintage Specに続き、今回もヴィンテージスペックに拘りました。今回はヴィンテージモデルの復刻という形ではなく、Freedomのオリジナルモデル Pepperシリーズに焦点を当てたオーダー。なんと指板にハカランダ、ネック&ボディー(バック)にホンジュラウマホガニーを使用した、まさに“Vintage Spec” Pepper”

 

 

海外のブランドではまず難しいこの材の組み合わせ。ヴィンテージLPでは定番のホンマホは近年国内でも価格高騰。指板のハカランダも一昔前のFCGRなら通常モデルで使用されていたいましたが、近年は材が手に入ったタイミングのみオーダー可能となっています。

今回、RED/Brown/Black/GreenとPepper シリーズ全機種でオーダー!!さらに、一部のモデルにオールドスタイルのトップ材とカラーリングを使用しました。4機種の違いを存分にお楽しみいただける内容です。(すぐ売れなければ、、、、、)

 

 

約半年前、材選定からさせていただきましたので、荒川区は町屋のフリーダムさんへお邪魔して参りました。

 

 

まずはハカランダ!!しっかりとシーズニングされ、目の詰まった良質なブラジリアンローズウッドは既に選定を完了し、どのネック材とマッチングさせるかの確認です。

 

ネックと指板材のマッチング後、この4本のネックをどのボディーと合わせるかを決めますが、その前にボディー材の選定へ。

 

 

こちらも今や希少なホンジュラス・マホガニー。贅沢です!!各Pepperのボディ構造やカラーに合わせてどの材が最適か重量と杢目を見て考えます。

 

 

 

木工担当の菊川氏

 

Red Pepperのトップ材

 

こちらはBrown Pepperのトップに使用するスプルース材。

 

 

こちらは最も悩んだBlack Pepperのトップ材に使用するハードロックメイプル。

 

 

Green PepperはTop&backにゼブラウッドを使用するためこの組み合わせ。

 

最後にオーダーカラーの確認です。

 

塗装はもちろん工場長であり塗装担当の船越 氏にお願いします。

 

卓上に開かれているのはお馴染みの書籍 BOTBですが、同じ本でも紙に印刷されたインクの経年で色味が違う事が発覚。ページ数だけを伝えるのではなく、イメージを直接伝える事が出来たのはラッキーでした。

 

 

 

 

オーダーのミーティング以外にも生産工程等、細かにご説明いただきましたが非常に長くなってしまうのでここでは割愛させていただきますが、、、、、個人的にこの東京のど真ん中でこのクオリティーのギターを一定規模で生産するなんてこれまで信じられませんでした。しかし、この現場を見れば納得!!恐ろしい程の拘りを持ちながら、それを実行するスピードと正確性を持った各担当のレベルは今まさに全盛期と言える状態。本当に凄い集団です。

 

では、オーダーモデルをご紹介しましょう!!

 

 

 

 

1“Vintage Spec” Custom Black Pepper w/Hard Rock Maple Top (Vintege Cherry Burst)

 

 

Spec
Color: Vintege Cherry Burst (ラッカー半艶)
Body : Honduras Mahogany / Hard Rock Maple Top
Neck : 1P Honduras Mahogany / Brazilian rosewood (Jacaranda)
Frets:FCGR Original Stainless Fret's Warm 06 / 22F

Radius:280"

Bridge:GTC−202(スティールサドル)

P.U:FCGR Hybrid Humbucker / Pepper SPTE 

Controls:2Vol,1Tone(Down=Tap Blend Control,Pull=Tone)

 

“Vintage Spec”の名に恥じないハードロックメイプルをトップ材に、ネック&バックにはもちろんホンマホを使用。シンラインTLにヴィンテージLPのフレーヴァーを持たせた一本。

 

 

 

セミホロウボディーながらドライブサウンドもカバーする、シリーズの中で最もソリッドなサウンドを放つモデル。トップ材と密着したセンターブロックを採用することで、芳醇な箱鳴り感はありつつも、セミアコのような芯のあるトーンとサスティーンを実現。ハカランダならではのレスポンス、ホンジュラスマホガニーとのマッチングが生み出す極上のミッドレンジ。P.Uには どちらもフリーダムオリジナルのHybrid Humbuckerと Pepper SPTE (Bridge)を搭載。フロントのハムバッカーはハム〜シングルコイルの間を自由自在に行き来できる「タップコントロール」をあわせて搭載し、圧倒的なサウンドメイクの幅を持たせています。

 

 

 

ヴィンテージ同様の極上のマテリアルを使用しているのですから、カラーも拘りたいところ。ピカピカの新品という感じではなく 使いこんだ様なビンテージ感を演出したいという事で、BOTBからフェイドしたハニーバーストを指定しました。しかしながら、単なる色合わせだけに終わらないのがフリーダム!!分かる人には分かる、あえて杢目をギラギラさせない “ 材選定と着色 ” の妙がここにあります!!

 

FCGR 塗装の船越氏より
「今回は色サンプルがG系ビンテージなので、敢えて杢目は有るけど目立たない様にしました。そして斜め角度の写真で気付いた人がいるかも知れませんが、赤が抜けて行った時 “ レモンドロップ ” に変化し、その際透かしで “ グリーンバースト ” が感じられるように仕込んであります。好きな人にはたまらない感じです。 塗料も鮮明な染料のみでなく、顔料も使い敢えて不透明さを出し “ いなたさ ” が感じられるようにしました。更に外周グラデーションは適度に吹きムラを出してあります。そして、バックにもご注目を。大部分は退色しつつも、ビンテージチェリーの醍醐味 “ 導管が赤い ” も仕込んであります。最終仕上げ、艶は “ 半艶 ” 。この雰囲気が写真のみでは伝わらないのが残念。」

 

ボディーバックのフェイドも抜群です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 "Vintage Spec" Brown Pepper  Honduras Mahogany& Brazilian Rosewood (50s Sunburst)

 

 

Spec
Color:Brown Burst (ラッカー半艶)
Body : Honduras Mahogany / Spruce Top
Neck : 1P Honduras Mahogany / Brazilian rosewood (Jacaranda)
Frets:FCGR Original Stainless Fret's Warm 06 / 22F

Radius:280"

Bridge:GTC−201(ブラスサドル)

P.U:FCGR Hybrid Humbucker / Pepper SPTE 

Controls:2Vol,1Tone(Down=Tap Blend Control,Pull=Tone)

 

JAZZやBLUESにもマッチした、最もウォームな箱鳴りを持ったBrown Pepper。ボディトップからブリッジ下以外をすべてくりぬき、トップから蓋をしたフルホロウのザクリ加工により、Redよりも柔らか目な空気感のある、シリーズ中最も倍音豊かな暖かいサウンド。
 

 

 

さらに!!トップ材にはスプルーストップを採用することで、よりメリハリのあるセンシティブなレスポンスを演出。重量は2.55kgと超軽量と、まるでアコースティックギターのように鳴ってくれます。

 

 

船越氏より
「サンプル画像は、外周ダークブラウンが淡く透けているので、通常なら透明な “ 染料 ” を使って吹くところ。今回はビンテージ感を出したいので敢えて不透明な顔料も使用。“ ビンテージ感 ” で大事な要素の一つは“ 不透明感 ”。といっても経年変化の度合いは個体によって千差万別、基準はない。あと外周のダークブラウンのボカシ具合も肝。スプレーガンの距離、空気圧、移動速度、塗料粘度で様々なグラデーションになる。これまた、基準がない。自分の持ってる知識・腕、引き出し全開で作業して・・・
パッと見てグッとくればOK! 

 

 

 

 

 

 

3 "Vintage Spec" Red Pepper Honduras Mahogany& Brazilian Rosewood (Brown)

 

 

Spec
Color: Brown (ラッカー)
Body : Honduras Mahogany / Hard Rock Maple Top
Neck : 1P Honduras Mahogany / Brazilian rosewood (Jacaranda)
Frets:FCGR Original Stainless Fret's Warm 06 / 22F

Radius:280"

Bridge:GTC−202(スティールサドル)

P.U:FCGR Hybrid Humbucker / Pepper SPTE 

Controls:2Vol,1Tone(Down=Tap Blend Control,Pull=Tone)

 

 

 

こちらは、シリーズで最もオールマイティーな量モデル Red Pepper 。ボディバックからブリッジ下以外をすべてくりぬき、バックから蓋をしたフルホロウのザクリ加工により、驚くほど軽量に仕上がっています。ホンマホとハカランダを使用していますので少し重くなりますが、それでも2.60kgですので取り回しの良さは変わらず、よりタイトで抜けの良いサウンドに仕上がりました。Red Pepperですが、ホンマホが最も美しく映えるカラーとしてBrownをラッカーで採用。

 

 

 

 

 

 

 

オールホンマホのシンライン。美しいです!!

 

 

 

 

 

 

4 "Vintage Spec" Green Pepper Honduras Mahogany& Brazilian Rosewood (Vintage Yellow Natural)

 

 

Color:Vintage Yellow Natural (ラッカー)
Body : Honduras Mahogany / Zebra Wood Top&back
Neck : Pepper Shape / 1P Honduras Mahogany / Brazilian rosewood (Jacaranda)
Frets:FCGR Original Stainless Fret's Warm 06 / 22F
Radius:280"
Bridge:GTC−202(スティールサドル)
P.U:FCGR F-90 / Pepper SPTE 
Controls:1Vol,1Tone

 

こちらは、ゼブラウッドを採用し、最も甘くメロウな生鳴りを実現したGreen Pepper。センターブロックをトップ・バック材に密着させない、ミドルポジションセンターブロック構造採用。トップ&バック材に、マホガニーよりも甘い音色を生み出す木材を使用し、サスティーンの効いた太くメロウなサウンドを実現。フロントピックアップにはALNICO4マグネットを使用したF-90を搭載。

 

 

 

 

 

 

ハンドセレクトしたトップバックのゼブラウッドはVintage Yellow Naturalを採用。さらにゴールドウェアとFreedomオリジナルのアクリル鼈甲ピックガードが高級感を引き立てます。

 

 

 

 

 

選べるうちにモデルの違いをお確かめください!!

 

マホガニーネックの強度とサウンドのバランスを考慮してデザインされたPepperシリーズのネックは50年代の楽器を思わせる厚みのあるCシェイプ。100年保証をうたい、100年後も演奏される事を目指し、厳選されシーズニングされた材を完璧な形で組み込む。希少なウッドマテリアルを使用するに相応しい数少ないギターブランドです。

日本屈指の職人集団であるFCGRの技術と当店ならではのクラシカルなスペックチョイスが生み出した、考え得る最高のシンラインテレをお見逃しなく!!

 

お問い合わせフォーム







  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10