オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2019.07.06 Saturdayに書かれたものです。

 

ERNiE BALL新商品徹底比較!

 

ERNiE BALL社と言えば、D’Addario社と並んで世界のトップシェアを誇るギター弦メーカーですね。

あの鷲のマークが特徴的なパッケージを一度も見た事がないという方はほとんどいないのではないでしょうか?

 

今回はそんなERNiE BALL社の代表的商品群であるスリンキー・ニッケル・ワウンド シリーズに待望の新製品が登場いたしましたのでご紹介させて頂きます!

 

今回新たに登場したのは

・PRIMO SLINKY

・ULTRA SLINKY

・MEGA SLINKY

・BURLY SLINKY

の4種類です!

 

 

SLINKY NICKEL WOUND

 

それでは早速一つ一つご紹介……といきたいところですが、まずは共通となる基本スペックの確認からと致しましょう!

 

 

スリンキー・ニッケル・ワウンド シリーズは、スズ・メッキを施した六角形の芯線にニッケル・メッキを施したスティール・ワイヤーを巻いたワウンド弦と、高純度スズ・メッキを施したハイ・カーボン・スティールのプレーン弦を組み合わせて作られています。

 

これにより煌びやかでありながらも癖がなくバランスが取れたサウンドを奏でる事ができます!

張りたてのERNiE BALL弦にうっとりとした経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

これらの基本的製法はそのままに、今回登場した新商品は今までにないゲージの組み合わせにより新たなるプレイヤビリティ・サウンドの可能性を示すものとなっています。

 

それではいよいよ各商品のご紹介といきましょう!

 

 

PRIMO SLINKY

 

まずはメタリックに輝く水色のパッケージに包まれたPRIMO SLINKYから!

 

こちらは1弦から順に 9.5, 12, 16, 24, 34, 44 という組み合わせになっています。

REGULAR SLINKY(10-46)とSUPER SLINKY(9-42)のちょうど中間といった太さですね。

 

REGULAR SLINKY、SUPER SLINKY共にERNiE BALLの顔と言っても過言ではない程の圧倒的人気を誇る弦ではありますが、その大人気2種の中間を突いてきたということはやはりその中間の絶妙なゲージに需要があることを見越しているのでしょう。

 

REGULAR SLINKYが奏でる音の艶とハリ、SUPER SLINKYのしなやかさとプレイヤビリティの高さを両立したいけれどもHYBRID SLINKY(9-46)はまたちょっと違う……そんな悩みを抱えているギタリストの方は是非お試しください!

 

 

ULTRA SLINKY

 

お次はメタリックパープルのパッケージが妖艶なULTRA SLINKYです!

 

こちらは1弦から順に10, 13, 17, 28, 38, 48 という組み合わせですね。

1弦から3弦のプレーン弦はREGULAR SLINKY(10-46)と同じ、4弦から6弦の巻弦はPOWER SLINKY(11-48)と同じとなっていますね。

 

REGULAR SLINKYのプレーン弦+太い巻弦という組み合わせは、既存商品でもSKINNY TOP HEAVY BOTTOM SLINKY(10-52)がありました。

 

しかしながらSKINNY TOP HEAVY BOTTOM SLINKYはREGULAR SLINKYと比較してグッと太くなるため、REGULAR SLINKYでは物足りないけどSKINNY TIOP HEAVY BOTTOMは流石に太すぎる……この中間のゲージさえあれば……なんてことを思いながらも妥協していた方もいたのではないでしょうか?

 

そんな悩みもULTRA SLINKYなら全て解決です!

ミディアムスケールのギターやハーフダウンチューニングにもバッチリですね!

 

 

MEGA SLINKY

 

そして3つ目はメタリックピンクのパッケージが可愛らしいMEGA SLINKYです!

こちらは1弦から10.5, 13.5, 17.5, 28, 38, 48 というゲージになっています。

 

鋭い読者の方の中にはもうお気付きの方もいらっしゃる事と思いますが、そう!実はこのMEGA SLINKYは先にご紹介致しましたULTRA SLINKYとPOWER SLINKYの中間となるゲージなのです!

 

巻弦はPOWER SLINKY準拠の太さですが、プレーン弦は文字通りの中間です!

URTRA SLINKY・MEGA SLINKY共にREGULAR SLINKYとPOWER SLINKYの中間を埋めるゲージに設定されています。

 

ミディアムスケールやショートスケールのギターをお使いの方、ハーフダウンチューニングを多用される方、音のハリや艶とプレイヤビリティの両立を目指す方……などなど!かなり守備範囲の広い絶妙なゲージ設定となっております!

 

普段REGULAR SLINKYをお使いの方も、POWER SLINKYをお使いの方も、それ以外のゲージをお使いの方も!是非一度お試しください!

 

 

BURLY SLINKY

 

そして最後となりましたが、燃え上がる様なメタリックレッドのパッケージに包まれたBURLY SLINKYをご紹介致します!

気になるゲージの方は11, 14, 18, 30, 42, 52 となっております!

 

POWER SLINKY(11-48)のプレーン弦とSKINNY TOP HEAVY BOTTOM SLINKY(10-52)の巻弦を組み合わせたゲージとなっておりますが、意外にもありそうでなかったゲージ設定なのです!

 

POWER SLINKYは巻弦が細すぎる……SKINNY TOP HEAVY BOTTOM SLINKYはプレーン弦が細すぎる……しかしBEEFY SLINKY(11, 15, 22, 30, 42, 54)は逆に全体的に太すぎる……そんなちょうど既存3種の間にすっぽり収まる様なBURLY SLINKYのゲージ設定は絶妙と言わざるを得ないものですね。

 

まるで元々ラインナップにあったかの様なマッチ感です。

パワフルなピッキングのために太い弦を求めている方や、ドロップチューニングを多用する方などには特にオススメです!

 

 

 

終わりに

 

今回の新商品4種の総合的な印象としては、既存のゲージ同士の中間点を求めるユーザーの需要を満たすことに特化しているということになるでしょう!

 

既存のゲージにはない○○.5という細かいゲージ区切りを用いていることからも、今回のERNiE BALL社の”中間”への力の入れ具合が伺えます。

 

特殊加工なこそ施されてはいませんが、確かな伝統と実績を持つスリンキー・ニッケル・ワウンド シリーズの地位をより確固たるものにする、素晴らしい商品ではないかと思います。

 

 

今回の新商品紹介を通して、少しでもERNiE BALL スリンキー・ニッケル・ワウンド シリーズの魅力がお伝えできれば幸いです。

お問い合わせフォーム







  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10