オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
  • SHURE
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2010.03.21 Sundayに書かれたものです。
 原点にかえり、では残響音の正体とは何かを考える。

原音が一つの破裂音を出したとする。コレをとする。それが遠くの壁に当たって返ってきた音、これを仮に とする。(これは初期反射音という。)
 は壁に当たって返ってくるあいだにエネルギーを失い、より若干小さい音になる。
同じように がまた壁に当たってエネルギーを失いながら返ってくる。これを 如とする。
つまりひとかたまりの残響音は、原音+  如+・・・・といったように原音が壁に当たってエネルギーを失いながら跳ね返ってきた音像のかたまりである。

しかし実際の部屋は4面が壁であり、天井も床もある。普通の部屋で少なくとも6面の反響板があることになるので残響音も複雑な要素を含むことになるのである。
 さらに壁の硬さももちろん重要なファクターで、原音と違う反射音を跳ね返す性質を持っているものである.....。
 と、このように残響音の性質には様々な要素を含んでいるが、シミュレートしなければならないのは、跳ね返ってくる音の大きさ、時間、音質が重要な要素となるのである。
 これらのパラメーターを、手っ取り早い方法でシミュレートするには原音を何かの記録媒体に録音し、すぐに再生する方法がよいと考えられる (時代であった)。


つづく


by モウダ



  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
  • SHURE