LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2019.11.16 Saturdayに書かれたものです。

Gretsch USA Custom Shop から 当店オーダーモデルが入荷!! 

G6120TCS  1959 Chet Atkins Hollow Body "Curly Flame" Relic (Built by Stephen Stern)

今回は2年半待ちました!!

当店オーダーによるタイガーフレイム極上個体の1959年 6120 Deep Body。

歴史上最も人気の高いスペックを歴代最高のクオリティーで製作した1本!!

 

Gretsch USA Custom Shop

G6120TCS Chet Atkins 1959 "Curly Flame" Relic (Built by Stephen Stern)

 

SPEC

Body:Arched Laminated Flame Maple
Neck:Flame Maple on Ebony
P.U: TV-Jones FT
Bridge:Non Pinned /True Arc Bar Bridge
Tuning Machines:Waverly
Scale Length:25.5” (648mm)

Tail Peace:Bigsby B6 Gretsch V Cut (Plus Screw)
Aged:Relic

 

Gretsch Custom Shop 詳細 ストックはこちらから

 

 

近年、USAカスタムショップ製でDuo Jet 等のソリッドモデルや White Falconは国内でもよく見かけるようになりましたが、ピュアな6120のリイシューモデルというのは無かったのではないでしょうか。そこで今回1959年 6120の前期モデルをベースにその中でも極上の個体をイメージしオーダー。図らずも1959モデルの60周年となる2019年のタイミング入荷となりました。

 

 

まず、ケースを開けた瞬間の「よし、きた!!」という出来の良さ。ヴィンテージと比較しても見劣りしない、むしろ隣のヴィンテージが霞んでしまう可能性があるほどの存在感とオーラを放っています。

 

まず、ボディーからネックまで使用されたフレイムメイプル!!
ボディートップ&バックのフレイムは巷のハイエンドギターに使用されるピンストライプではなく、ヴィンテージに存在する様なワイドフレイムを指定。レスポールとは異なり一枚板なのでグレッチならではの表情が非常にリアルに仕上がっています。そしてネックとボディーサイドにはこれでもかというゴージャスなフレイムを贅沢に使用し特別な一本であることを主張します。

 

 

 

ボディー厚はブラインアン・セッツァーの初号機でお馴染み、59年前期型のDeep Body 2 3/4インチでオーダー。もちろんブライアンが59年製に拘る理由である“トレッスル ブレーシング”を採用。Bigsbyユニットは59年頃からの仕様となるGretschロゴ入りのVカットを指定。日本製と比較してトップのアーチがなんともセクシーです!!

 

 

 

 

今回初の試みとして同年代のヴィンテージに多数見られるヴィブラートのハンドルを固定するボルトのプラス・ネジが見事採用されました。TV Jones P.U、高級チューナーの代名詞 Webary 等、ハードウェアはゴールドで統一。

 

 

ネックは多くのヴィンテージよりもやや厚みを感じますが、ナローなCシェイプ。1958年頃から採用されるサムネイル・インレイや0フレットにエボニー指板。サウンドの肝となるバーブリッジはTrue Arc製、ヴィンテージで問題となる指板Rとの違いを解決。ヴィンテージ同様に細い形状に仕上げられたブリッジベースはあえてピン固定していません。

 

このネックたまりませんね。

製作はもちろんマスタービルダーである巨匠スティーブン(ステファン)・スターン!!

 

ジミーダキストとボブ・ベネデットという二大アーチトップビルダーに師事し、著名なギター・コレクターであるスコット・チナリー氏がダキスト追悼のために企画した”ブルー・ギター・コレクション”において世界で最も優秀な22人のアーチトップ・ギター・ビルダーのひとりに選ばれ、Fender カスタムショップのシニア・マスタービルダーでありながらGretsch のマスタービルダーも兼任した逸材です。2006年にグレッチのカスタムショップを本格的に立ち上げ、2009年にブライアンセッツァーの1959年製 6120、2011年にはジョージ・ハリスンの1957年 6128 Duo Jetの実機を基に製作したトリビュート・シリーズを発表。その出来栄えは素晴らしく、まさにクローンモデルとして話題を呼びました。

 

Fender(デタッチャブルギター)のマスタービルドが100万を超える時代。GretchのCustomギターは個人的に安いと思います。

 

 

現代最高峰のアーチトップ職人が製作しているという事を考えれば、50年代のGretschよりもクオリティーが高いのは当然と言えるかもしれません。計算された組み込みが生み出す弾き心地やサウンドは申し分なく、エイジング技術もFender Custom Shop とタッグを組んでいるだけに非常にリアルな仕上がり。

 

ヴィンテージ/オリジナルのみが持つ歴史と文化、ルーズな作りや経年のみが引き出せる風合いとサウンドがあるというのも事実。根本的に比べること自体が無意味とも言えるかもしれません。それでも恐れずに言わせていただくなら、現在こそがGretschギターの黄金期。是非お試しください!!

 

Gretsch Custom Shop 詳細 ストックはこちらから

 

山田

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10