LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2020.04.23 Thursdayに書かれたものです。

自宅で出来るギターのチューンナップは色々ありますが、その一つがアッセンブリーの交換。

 

コンデンサーやら、ポットやら、配線材やら。。。

 

よくわからない人。大丈夫です。

そういう時にオススメのヤツ。あります。

 

組み込み済みキットという選択肢

電気関係は全くわからないし、技術的なことはもっとよくわからない。

半田ごてを持ったことはあるけど、使えると言っていいのか。。。

いや使えないと思う。

 

そういう方多いですよね。

というか、ほとんどのギター・ベースユーザーはそうなんじゃないでしょうか。

 

そういう方のために、ピックアップメーカーやパーツメーカーが配線済みキットというものを販売しています。

メーカー推奨のパーツをすでに”ほぼ”組み上げた状態で販売されており、半田付けは最低限。

あまり半田付けに慣れていない方でも比較的容易にアッセンブリー交換可能です。

 

KITのラインナップはこちらから

 

今回はまずEmerson Customのご紹介からスタート!!

 

Emerson Custom とはなんぞや

2009年創設で比較的近年のブランドながら、その実力の高さから世界中で高い評価を得ている楽器用パーツ製造メーカーとしてキャリアをスタートさせ、近年ではパーツメーカーらしい高品質なペダルもリリースするユニークなブランドです。

 

ペダルも独自のパーツ審美眼によって製造され、オーソドックスなサウンドかつスムースな雰囲気で要注目です。

 

しかし、その真骨頂はやはりオリジナルパーツ類。

 

当店でも大人気、世界的なスタンダードとなりつつあるLollar Pickupsは自社のHPで推奨パーツとしてEmerson Customのポット類を販売しています。

世界トップクラスのリプレイスメントピックアップメーカーが認めるパーツ。

悪いわけがないです。

 

オリジナルポットの秀逸さが目から鱗レベル

オリジナルポット

 

製品の中でも代表的なのはやはりオリジナルカーブのポット。

 

ポット(可変抵抗)はAカーブ , Bカーブなどと呼ばれる抵抗値の推移の異なりが存在しており、その推移がボリュームの可変に大きな影響を及ぼします。

 

難しいですよね。

 

ざっくり言うと、ポットの種類によってヴォリュームを回した時の音の減り方が違うということです。

耳で聞いた感じだとAカーブと言われるポットの方が自然に聞こえると言われていますが、あくまでも他のカーブに比べてというだけで実際にはあまり自然には減衰してくれません。

 

ボリュームを回していていきなり音量が大きくなったり小さくなったりするポイントがありませんか?

 

ある程度それは仕方ないモノだと思っている方がほとんどだと思いますが、それをほとんどストレスなくスムースに可変できるとしたらどうでしょうか。

 

Emersonのポットでは、極端に音量が変化するポイントがほとんどありません。

ゼロの状態からフルテンまでまさに10等分したイメージでポットの動きに対応して音量が変化します。

 

それは小さな差ではありますが、例えばこんな時にその差が歴然となります。

・ミックスポジションでほんの少しリアのサウンドを足したい。もしくは減らしたい。

・歪みのゲインを手元でコントロールしたい。

・フレーズ毎に(バッキング/リード)ブースターを使うほどではないけど、多少メリハリをつけたい。

 

この状況ってほぼ全てのユーザーが抱えるジレンマ的状況ではないでしょうか。

 

はっきり言って、パーツ担当は現状これ以上スムーズなポットは知りません。

(あくまでも個人の意見です。他にいいものあったら教えてください。)

 

まだまだあるぞ秀逸パーツ

オリジナルコンデンサー

もう一つ忘れちゃいけないのが、オリジナルのコンデンサー達。

 

基本的な仕様はヴィンテージのVitamin Qをイメージして作られているようです。

 

サウンド的には若干カリッとしたセラミックコンデンサーのような雰囲気が出るのが特徴。

ペーパーインオイルと銘打ったモデルの中では圧倒的に抜けがよく、無駄な低音が出てこないので非常に使いやすいコンデンサーです。

もちろんセラコンと比べると、全体的に丸みのある角張っていないサウンドにまとまっているので、ヌケ+バランスといういいとこ取りな印象。

 

SSH仕様のギターや、ローの出過ぎるLPなどにはベストマッチすること間違いなし。

 

ローの出過ぎないLPで枯れた感じのサウンドを狙うのも、硬めな鳴りのフェンダースタイルギターでバッキング用ギターにカスタムなんてのも通好みでよろしいんじゃないでしょうか。

 

気になり始めましたか?

いかがでしょうか。Emerson Customの魅力と担当のベタ惚れ具合が伝わりましたでしょうか。

残念ながらキットの紹介まではたどり着けず、、、

次回は本編配線済みキットのご紹介です!!

 

Emerson Custom 取り扱いラインナップはこちらから

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10