LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2020.04.27 Mondayに書かれたものです。

昨年から市場に颯爽と現れ、話題となっている国内ブランドInfinite!!

 

ギターも大好評ですが、もちろんBassも作りの良さは折り紙つき!!

 

当店入荷品を一挙に見ていきましょう!!

 

ギター同様の接着方式も、むしろこれはBass向き!?

Infiniteといえばまず特徴的なのが『小菊ロジック』と名付けられた接着方式。

 

ボディネックポケット内に溝を、ネック側に”ほぞ”を作ることで接着面積を広く取りることで接着強度を増しつつ、ボディとネックの振動伝達率を飛躍的に向上しています。

(小菊ロジックの詳細はこちらをご覧ください)

 

 

また、ネックを通常のギターよりかなり深くまでボディ内部へ差し込んであり、これもネックとボディの振動伝達を向上させる一因となっています。

 

Fender系の構造をもつボルトオン方式のギター・ベースはネックの鳴りがサウンドに与える影響が大きいことが知られていますが、特にベースに関してはそれが顕著に出やすいと感じている方も多いのではないでしょうか。

 

個人的にも『良いベース=ネックがよく鳴る』の方程式は間違いないなと感じています。

 

そこで、再びInfiniteのお話。

上記特徴を踏まえつつ、InfiniteのBassモデルを見てみると。。。

 

驚異の8点ジョイント!!

 

これで鳴らないはずがない!!

ボディとネックの相乗効果で通常のボルトオン方式のベースとは似て非なる鳴りを実現しています。

 

もちろん、ヒール部の大胆なカットによってハイフレットのプレイアビリティは驚くほど!!

 

続いて当店在庫モデルをご紹介していきましょう。

 

パッシブで作りを楽しむ。激シブ3TS

まずはパッシブのモデルから。

 

infinite/Trad JB Passive 3TSB Aged

 

激シブのエイジド3TSが目を引くモデル。

全モデル共通の若干小ぶりなボディサイズと、大きくえぐってハイフレットの操作性を高めたカッタウェイが特徴です。

 

アルダーボディ、ローズ指板のトラディショナルな仕様ながらFenderとは一味違う鳴りと操作性を実現しています。

 

また、スケールは全モデル33,5"を採用しており、上記の操作性や取り回しの向上に一役買っています。

 

ピックアップはブランド標準のRio Grande J Set。

 

コントロール部にあるミニスイッチはピックアップのシリーズ/パラレルの切り替え。

 

また、トラディショナルなモデルではトップに配置してしまいがちなジャックはボディサイドへ。

 

リペア工房で長年ユーザーの意見を直に聴き続けている工房らしいニクい仕様が随所に見られる、まさにブランドイメージを体現する一本です。

 

もはや定番のAguilar搭載モデル

パッシブと同時にリリースされたアクティブモデル。

 

infinite/Trad JB Active / Dakota Red

 

基本的な仕様はパッシブと同様ですが、Aguilar / OBP-3搭載。

使いやすい3バンドEQはもはや定番となってきたのではないでしょうか。

 

もちろん、ギターのモデル同様全てのモデルにBuzz Feiten Tuning搭載。

安定したピッチ感と共に精巧な作りの指標にもなります。

 

現代的なコントロール・仕様と相反して、わざと少しくすんだDakota Redをチョイスしてビジュアル的にも非常にクールな一本に仕上がっています。

 

 

当店オリジナルBartolini / XTCT搭載モデル

アクティブモデルにもう一本!!

プリアンプを標準のAguilar / OBP-3からBartolini / XTCTに変更した特別オーダーモデルです。

 

infinite Trad JB Active / BK w/Bartolini / XTCT

 

あえてブラックカラーでオーダーすることで使い手を選ばないシンプルな雰囲気に仕上げてあり、まさに王道といった佇まい。

また、今回オーダーの中でこのモデルだけマッチヘッドになっています。

 

同じ3バンドEQでもこちらはスイッチによるMidのピーク切り替えはなし。

より直感的な操作になりますが、そのサウンドキャラクターの幅広さは多くのベースで実証済みでしょう。

 

基本的な仕様はDakota Redの個体と同様なので、プリアンプの違いを試してからという選び方も出来ますね。

同じベースのプリアンプ違いとは、ありそうで中々ない贅沢な弾き比べです。

 

三者三様の魅力満載!オリジナルオーダーも!?

どのモデルもそれぞれに見所のある素晴らしい出来栄えの一本達。

全て実際に弾いてみると過不足のない扱いやすさが魅力です。

 

国内工房のオーダーモデルとしては破格のお値段も魅力の注目ブランド。

今回の紹介を参考にオリジナルモデルをオーダーも受け付けています。

是非お問い合わせください!!

 

Infinite 取扱商品はこちら

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10