LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2020.05.04 Mondayに書かれたものです。

先日お預かりしたFender / Mustangの調整のご紹介。

 

今回の作業内容は

・全体調整

・アーミングの具合の調整

でした。

 

長く弾かれていなかったと言う割には、ネックの状態も悪くなく多少のロッド調整で問題ない程度。

 

しかし、フレットを見ると。。。

 

これはなかなかの状態です。

 

フレットをきちんと研磨して、指板にもオイルを塗布。

 

直接的に問題になりにくいフレットのくすみですが、今回のように明らかな腐食が始まっているとフレットを押さえた際にざらつきを感じることがあります。

特にチョーキングをする際はかなり違和感を感じてしまうので、ここまでになる前に対処するのをオススメします。

 

続いてアーミングの具合の調整。

 

Fender Japanのダイナミックビブラートは内部にスプリングを取り付ける箇所が3つあり、その位置の調整でアーミングの力加減を調整できます。

 

今回はもう少しアーミング具合を硬くできないかとのご相談でしたので、一番下(上?)になっていたものを真ん中に付け替えてお渡し。

どちらでも機能的には変わりませんが、プレイ的には結構大きく使い心地を左右するので重要な部分です。

 

実はこの機構かなり奥が深く、テールピース部分の高さの設定とこのスプリングの設定で弾き心地とサウンドが変化します。

もしムスタングをお持ちの場合は、ダイナミックビブラートをいじくりまわしてサウンドの変化を楽しむなんていう休日もかなり楽しいと思いますよ。(諸々自己責任でお願いします。)

 

この後全体のバランスを再調整してお渡しとなります。

 

 

ギター・ベースの修理・カスタム受付中!!

宮地楽器神田店では常時ギター・ベースの修理やカスタムを受付中。

些細なお困り事から定期的なメンテナンスや、大幅なカスタマイズまで。

作業は個体の状態と内容により異なりますので、まずは一度ご相談ください!!

 

お問い合わせはお電話またはこちらから!!

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10