LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

ピックアップの選び方のアドバイスをちょい出しにするこの企画。

 

ついに当店でも大人気のおすすめブランドをご紹介していきます。

 

すこーしマニアック。だけど、コンポーネント系カスタムモデルではもはや定番!?

 

是非ご参考にしてください。

 

本国ではすでにスタンダード級。正直間違いない。

 

当店をはじめ近年一躍注目を浴びるブランド.。

 

Lollar Pickups

代表機種

・Imperial Humbacker

・P-90 Staple

・Charlie Christian Pickups

 

世界的にコンポーネント系ブランドが多く使い始めており、その実力は折り紙つきといった感じが漂うブランドです。

 

サウンド的には、適度な芯の硬さがありつつ、全体的にクリアな出音が特徴。

 

クリアサウンドといっても、以前定番編でご紹介したダンカンやディマジオのような雰囲気とは全く異なります。

上下の帯域が聞こえやすいことによるきらびやかなクリア感とは違い、ミドルに厚みを感じつつ音の分離感も実現しており、まさに正しい意味でのクリアサウンド。

どの帯域が厚いとか薄いとかもあまりなく、バランスよく音圧を増すことができます。

 

日本の楽曲と海外の楽曲の音の厚みの差というとわかりやすいかも知れません。

(あくまでも違いのわかりやすさの表現です。いいとか悪いとかではございませんので悪しからず。)

 

もちろんそのクリアなサウンドは、楽器本来のサウンドをアウトプットする際にも役立ちます。

 

ただ、全体的に基音がしっかりした出音なので、若干音が硬く感じることもあるかも知れません。

通常では気にならないレベルかと思いますが、ルーズな雰囲気を出したいという時には向かないかも知れません。

 

また、バランスが良すぎてダンカンなどに慣れていると全体的に骨太な感じが扱いにくい感じもあるかも知れません。

 

プラスポイント

・クリアかつ厚みのあるサウンド。分離感も◎

マイナスポイント

・スッキリ弾きたい人には骨太すぎるかも。

 

もう一つの魅力。ヴィンテージビザールオマージュモデル。

 

そのサウンドで市場に受け入れられる同社ですが、ヴィンテージのモデルに対しても深い造詣を持ちます。

海外のピックアップの悩みに関するフォーラム(機材等に関する掲示板のようなもの)ではビンテージピックアップの仕様に関しては、とりあえず Lollar に聞いてみろとなっているのも見受けられるほど。

 

そして Fender / Gibson だけでなくTeisco / Gold Foil(ゴールドフォイル)スタイルや、ジョンレノンのLP-JrでおなじみのCharlie Christian (チャーリークリスチャン)スタイル、Rickenbacker / Horseshoe スタイルなどマニアックなモデルに関しても非常に高いレベルでリリースしています。

 

ラップスチールギターのピックアップが Supro / Valco / Fender / Gibson / Rickenbacker と各スタイルごとにラインナップされていたり、他のブランドとは明らかに一線を画すラインナップとなっています。

 

Gold Foil(ゴールドフォイル)スタイル

Charlie Christian (チャーリークリスチャン)スタイル

 

ただ、ユニークなモデルばかりを作っているブランドではありません。

 

ビンテージビザール扱いのギターの中には、歴史的価値はあるものの現代のサウンドの中では楽器として使いづらい物も多数存在します。

しかし、現在スタンダードとして使用されるモデルには出せないサウンドがあるのも事実です。

 

その隙間をヴィンテージビザールが持つ独特の方向性は残したまま、前述のブランドが得意とするクリアサウンドとの化学反応で見事に埋めるモデルにどのモデルも仕上げてきています。

 

通好みかも知れませんが、ストラト・テレキャスター・レスポールではどうしても出せない音がある方は是非ご検討いただきたい!!

 

実はベースピックアップも大人気!!

もちろんベース用のピックアップもラインナップするLollarですが、前述の中域の厚みがありつつクリアなサウンドは実はベーシストに人気です。

 

ローミッドをしっかりと出力しつつ、音が広がりすぎない、抜けも悪くない。

ドンシャリでミドルが足りないということもない。

 

はっきり言ってかなりベーシストのニーズど真ん中ですよね?

 

ベースのモデルもちょっとマニアックなモデルまでカバーするラインナップになっており、ほとんどのモデルに対応できるはずです。

 

マニアックモデルといえば。。。 Rickenbacker / 4001・4003 の通称"ホースシュー"ピックアップ

 

ベースモデルラインナップはこちらから

 

まとめ

いかがでしょうか。

Lollarの特徴をざっくりまとめると

・見事なバランス型。クリーンサウンドが良い。

・若干サウンドがマッチョ気味。中域の厚みは好印象。

・ちょっとマニアックなモデルもラインナップしており、現代的で使いやすくカスタムしてあってかなり優秀。

 

当店でも圧倒的に一番人気のメーカーです。

ぜひご検討ください。

 

Lollar Pickupsラインナップはこちらから

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10