LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2020.07.16 Thursdayに書かれたものです。

店頭リペアのご紹介。

 

更新が滞っていますが、連日様々な調整・リペアをお預かりしています。

 

今回はポットのお話。

 

 

70年代のGibson(全体像撮り忘れました)のポットの修理です。

 

挙動がおかしく、急激にヴォリュームが下がりすぎる症状。

明らかにおかしい挙動でした。

 

かなり盛り盛りのハンダが悪い予感しかさせません。

端子の下部まで垂れたはんだは経験上要注意ですね。

 

通常なら真っ先に交換をオススメしますが、今回はポットがオリジナルの70年代製でしたので出来れば交換なしで修理が望ましいところです。

 

一縷の望みをかけて、ポットをバラしてみましょう。

 

 

ポットは意外とシンプルな構造となっており、ひどいガリが出ていてもバラしてカーボン抵抗面の洗浄で治ってしまうこともあります。

ただ、分解するよりも交換の方がお安くかつ安心してお使いいただけるのでヴィンテージ以外ではあまりオススメしません。

 

今回のポットはというと。。。

 

こちらがカーボン抵抗面。

すごくピンボケ。すみません。

 

ただ、馬蹄型の抵抗面の色が途中から変わっているのはわかると思います。

 

黒い部分が元々のカーボン抵抗。色が変わってしまっている部分は抵抗がなくなってしまっています。

 

こうなるとポット内を信号が通ることが出来ないのでポットとしての役目を果たしません。

 

残念ながら今回は新品のポットへと交換での対処となりました。

 

随時リペア受付中!!

簡単な調整から、改造・メンテナンスまで随時リペア受付中です!!

アコギ限定のお得なキャンペーンも絶賛実施中。

 

お問い合わせはお気軽に店頭までお越しいただくか、こちらから!!

 

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10