LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2020.09.06 Sundayに書かれたものです。

年々ユーザーの増えるアコギのデュアルピックアップシステム。

 

しかし、意外と自分で構築しようとすると意外と難しい。

 

手軽に行うことが出来るナイスアイテムのご紹介です。

デュアルピックアップとは?

デュアルピックアップシステムと言うと聞き慣れない方も多いかもしれませんが、ざっくり言えば2つの方式でギターの音をミックスしてサウンドをアウトプットしているピックアップのことです。

 

アンダーサドルのピエゾピックアップはハウリングに強いという利点がありますが、サウンドが硬くなる傾向にあります。

 

対して、コンデンサーマイクタイプやコンタクトタイプはアンダーサドルに比べナチュラルなサウンドを出力しやすいですが、非常にハウリングに弱く、バンド内での使用はあまり現実的ではありません。

 

そこで、アンダーサドルのサウンドをコアにしつつコンデンサーマイクタイプのエアー感を足していくと、いいとこ取りの実用的なサウンドがアウトプットされます。

 

言葉で説明すると紛らわしいですが、Fishman /Rare Earth Blend L.R.Baggs /Anthem などは非常に評価も高く多くの方が使われていますし、近年のプリアンプ付きのアコギではプリアンプ内部に簡易的なコンデンサーマイクがありミックス出来ることも多くなってきました。

 

Fishman /Rare Earth Blend

また、近年では2つだけではなく3つ以上のピックアップを組み合わせるパターンのシステムを活用するプロも増えています。

パーカッシブなプレイなどを行う際には、弦だけでなくボディの振動を拾う必要がありますから当然の帰結とも言えますね。

 

自分で構築。。。そこに潜む罠!!

プロ御用達で、そんなに利点ばかりなら自分のギターにもつけたい!!

今使ってるピックアップは気に入っているから、それにプラスする形で、、、、、

 

そう思いますよね?

ボディの振動もきっちり出力したいし、コンタクトタイプのピエゾとかいいですよね?

 

しかし、2つのピックアップが何事もなく綺麗に混ざってくれるとは限りません。

 

もっとも問題なのは出力差の問題。

特にパッシブタイプのピクアップとアクタティブタイプのピックアップでは非常に大きな音量差が出てしまい、とても実用的なサウンドには仕上げられません。

 

また、同じようにアクティブとパッシブを併用する場合にはインピーダンスの相違も考慮しなくてはいけません。

 

つまり、二つのピックアップの音量の調整(=MIX具合の調整)をどうコントロールするのかは実際に考えると結構面倒なことがわかります。

 

 

そこでこいつの出番!!

では、本題のBirdland製ミキサーを見ていきましょう。

 

まず、入力は二つのピックアップを別々に入力するパターンと、ステレオケーブルで2種類を一括で入力するパターンどちらにも対応しています。

 

メーカーページにわかりやすい説明画像がありましたのでそちらでご説明。

 

1、別々のモノラルケーブルで入力

多少不恰好になりますが、すでにアクティブのピックアップをエンドピンジャックで出力している場合には、基本的にはプラスするピックアップは別のジャックから出力する必要があります。

また、前述のコンデンサーマイクが付いているタイプのピックアップが搭載されている場合、実質3種類のピックアップでサウンドを構築することができます。

 

2、ステレオアウトをスプリットケーブルで入力

2つのピックアップをエンドピンのステレオケーブルで同時に出力して、Y字ケーブルで各モノラル信号に分けてからミキサーへ入力します。

こちらのパターンの利点は各マイクへ独立してエフェクターなどをかけられる点。

硬質になりがちなアンダーサドルにのみコーラスをかけたり、逆にエアー感をより強調するためにコンタクトタイプのみにリバーブをかけたりといった使い方が可能になります。

 

3、ステレオアウトを一括してステレオイン

これが一番シンプルな使い方になりますね。

ステレオジャックで一括で出力できるようにまとめた2つのピックアップを、そのままミキサーへイン。

信号は内部でチップとリングに分割されて、各つまみで独立コントロール可能になります。

 

いずれの入力方法でも、入力された信号は”Tip"と”Ring”に分けられてコントロールされます。

もちろんその前段階にてバッファーを通りますのでパッシブ/アクティブを考慮する必要はありません。

 

また、コントロールは単純なVolだけでなくGainの調整も行うことが出来る点がミソ。

前述の通り2つのピックアップの音量差が激しい場合を想定して、Gain段である程度音量のバランスととったうえで任意のミックス具合でアウトプットすることが可能。

 

これによって特性や音量が異なる2つのピックアップを単純に好みのサウンドだけを考えながらミックスすればよくなるわけです。

 

また、Ring側の信号にはPhaseスイッチが付加されており、ハウリング対策も行われている点も非常に嬉しい点ですね。

 

まさにシンプルイズベスト!!

必要最小限な機能ではありますが、デュアルピックアップシステムを構築するのに必須かつ至上の機能をコンパクトサイズで実現した製品。

 

シンプルながら他で探すとなかなかちょうどいい製品を探すのは難しいタイプの製品です。

 

お持ちのアコギをワンランク上のカスタムをする際の必須アイテム!

是非お試しください!!

 

*受注生産品となります。お届けまでにお時間を頂戴しますので予めご了承ください。

*店頭にて試奏機をご準備しております。

 

製品ページはこちらから

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10