LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2007.11.26 Mondayに書かれたものです。
12/1からのセールまで残り1週間を切りました(汗)。実はこのジャパビンモッドですが、12/1からのセール期間中店頭にて展示する予定です(もちろん試奏もOK!!)。そして、12/25までは売れてしまったということはありません(笑)。ご興味のある方は是非に心よりご来店お待ちいたしております。
そんなわけで、2号機のネタ明かし行っちゃいます。前にも書きましたが1号機との差別化の為、比較的ライトな感じのモディファイを考えました。ザクリは一切無し。ほぼパーツ中心です。ペグは当然(?)F-KEY(FENDER JAPAN)の今バージョンです。“F”という頭文字と書体まで似てるので違和感がありません(笑)。すみません。ペグの“F”の字写ってませんね(苦笑)。


ご覧の通り、シンプルに決まってます。CTSとCRLは良しとして、注目して頂きたいのがキャパシター。あえてセラミックにしてあります。0.50MFDのモノです。何故かと言いますと、オリジナルのFENDER USAのストラトは極初期にしかオイルコンデンサー仕様は存在しません。まして'70s仕様と来ればコチラの方が見た目にも良いです(見た目かっ!)。
ピックガードはオリジナルを出来たら使いたかったのですが、スイッチの穴が合わないのでコチラもオリジナルのシェイプに合わせてあえて作ってあります。昔のフェルのピックガードは少し薄い感じがするのでこちらの方が安定して良い感じです。当然白黒白の3Pは譲れません(笑)。


はい、内部の全体写真です。当然ピックアップにはこだわりました!!コチラは何かと言いますと、ディマジオのFS-1、ファットストラトと昔から呼ばれているものを潔く3個着けましたー。70年代にはリプレイスメントのシングルコイルPUなんてコレくらいしかなかったんですねー。リプレイスメントPUがいろいろと出てくるのは80年代になってからで、ましてF・S・R用なんていうものがポピュラーになったのは90年代になってからです(もちろん80年代から存在はしましたが)。ダンカンが出てきたのも70年代後半からということを念頭に置くとやはり、コレでした!しかもフロント、センター、リア用なんて洒落てません。全部同じモノ3個!ここにはこだわってます(苦笑)。


そしてっ、以前から何度もくどいように書いておりますネックまわりです。このギターをご紹介する時にも言いましたが、このギターを手に入れた際、指板サイドが丸まっており、フレットの両端が指板の中に収まってるような感じでもしかするとリフレットすら難しいのではと心配しておりました。が、とりあえずコチラが完成写真です。
ということで、このように処理をいたしましたのでなんとか10.8mm幅のサドルが付いたトレモロユニットなら問題なくいけそうです。写真には写っておりませんが、結局GOTOHの6点支持、スチールブロックのスチールサドルというシンプルなモノにいたしました。FENDER JAPANのダイキャストトレモロも候補にあったのですが、幅の問題で断念。ここだけが今回のモディファイ全体でとても無念なところでした。
ちなみに指板のアールは後期型の1号機よりも若干フラットのようです。ですので指板エンドに刻まれたシリアルナンバーは残っております。あ、フレットのご紹介を忘れていました。1号機と同じUSA製の硬さ普通のミディアムジャンボです。指板塗装はラッカーでこちらはツルツル仕上げになっております。
お問い合わせフォーム



  • 2007.11.26 Monday
  • -



  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10