LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2011.02.22 Tuesdayに書かれたものです。

 

2月25日の金曜日、いよいよ
”Dr.Kのカントリーギタークリニック&ミニライブ”が開催されます!!
私が思いますには、スピーディーでリズミックなカントリーギターの魅力は、非常に高度なテクニックを必要とするにもかかわらず押し付けがましくなくサラッと流暢に流れていくところにあると思います。

以前、スティーブ・モース(当時、大好きでした。)のアルバムで、カントリーロックギターの名手であるアルバート・リーとの長〜いギターバトルをきいたことがあります。
その時、自分はアルバート・リーについて名前くらいは聞いたことあるなぁくらいしか知りませんでした。はじめは2人ともクリーントーンで弾いているのですが、バトルの後半になると、なんと、あのスティーブ・モースがっっ!たまらずにディストーショントーンに切り替えます。
当然、アルバート・リーは最後までクリーントーンで気負った感じを全く出さずにギターを弾き続けていました。正直、スティーブ・モースが負けたと思ったのは、後にも先にも(自分の知る狭い範囲内での話ですが、、、)あのときだけです。

しまった、またしても前置きが長くなってしまいましたが、

屈折した私の音楽体験の中に入ってきた”カントリーギター”のリアルをお伝えしたかったんです。


さて、そして、”Dr.K”こと徳武弘文さんとの出会いですが、もう十年近く前に一度だけ、お目にかかったことがあります。それは、今回の会場と同じ、2階の”ジッパルホール”で行われた”テレキャスターフェアー”に来店してくれたんです。
失礼ながら、その時はそれこそ徳武さんのお名前ぐらいしか知りませんでした。何本かのテレキャスターをお試しになった後、”ストリングベンダー”のついたギターを手に取られてプレイされたときに、自分の中に、あのショッキングな”スティーブ・モースの敗北”がよみがえりました。まるでスティール・ギターのような流暢なフレーズは今も自分の中の”カントリーギター”そのものです。
あれから10年近くが過ぎて、”Moon Guitars”とエンドースを結んでいられるということで、今回のセミナーとミニライブが開催できたことに不思議な縁を感じます。

なかなか受ける機会が少ないカントリーのギターテクニックのレクチャーもさることながら、個人的にはチキンピッキングやギャロッピングを駆使して演奏される”ベンチャーズ・ナンバー”が楽しみです。
また、ミニライブ後半では、ご子息である徳武孝音(タカナリ)さんと数多くのレコーディングセッションに名を連ねる六川正彦さんを加えての演奏を披露してくれる予定です。

自分が(あくまで自分なりのですが、、)カントリーギターに触れたときのあの感動を皆さんと共有できれば幸いです。
お申込みのまだの方々、まだチケットは入手可能ですのでぜひぜひこの機会をのがさずに感動を共有しましょう!!
くわしくははこちらをご覧下さい!!→http://www.miyaji.co.jp/index_event.php
また、当店プロデュースの”Moonレゲエ・マスター”もお披露目いたしますのでこちらもお楽しみに!!
1人でも多くの方のご参加を心よりお待ちしておりますっっ!!!                 

たかだ

 

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10