LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2011.07.31 Sundayに書かれたものです。
みなさんこんにちは。


熱帯夜の寝苦しさからは解放されていたここ一週間ですが,どうもゲリラ豪雨とやらでものすごい雨が降ったり,また昨夜は地震で起こされたりと,なかなか熟睡させてくれない今日このごろです。みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

さて、今日はめずらしくアンプのお話。

このブログを読んでいただいている方は大半がギタリストですので、タイトルにあるフェンダー・ツイン・リバーブと言えば、もちろんギターアンプの名前であるとすぐにおわかりいただけるものと思います。
UA110726FENDER_TWIN_REb.jpg
まだPAシステムが現在の様に発達していなかった頃、大人数の前で演奏するために歪みの少ない十分な音量を確保するために、1952年に“ツイン・アンプ”として発表されたのが最初。

その後、 ツイード・カバーリング期,ホワイト・トーレックス・カバーリング期,ブラウン・トーンレックス期を経て,1963年にリバーブ・エフェクトが内蔵され“ツイン・リバーブ・アンプ”の誕生とあいなりました。(リバーブがツインなのではなく、ツイン・アンプのリバーブつきなのです)。

さて、ツインの他にも多数のアンプが用途別に開発されて行きましたが,そのなかには、一概に用途がギターアンプと一言で片づけられないものが多数あります。

たとえば、チャンプなどはギターアンプ以外にブルースハープとしての需要も多く、逆にBASSMANなどは本来ベースアンプのはずが、ギターアンプとしての評価のほうが高く、ワタクシの周りでは、もはやベースアンプとして使用している人を探すほうが困難です。

そしてツイン・リバーブ。
UA110726FENDER_TWIN_REd.jpg
真空管にはプリアンプ管に7025(12AX7A)を4本と12AT7を2本,パワー管に6L6GCを4本を使用。 スピーカーは,12インチのものが2基搭載され、たいていのクラブシーンなどで十分な音量を稼ぐことができました。
PAがまだ発達していない時代、これだけ大音量を稼ぐ機材はギターアンプとしてのみの用途ではもったいない。現在では到底考えられませんが、マイクを突っ込んだり、キーボードを突っ込んだり、本来の用途とは違うものが当然のようにINPUTされては現場で鍛え上げられてゆきました。


さてFENDERは楽器メーカーとしては主にギター、ベースがメインのブランドではありますが、先日来こちらのブログでも登場しておりますように、60年代後半からはエレクトリック・ピアノも「Rhodes」ブランドで次々と開発されており、こちらのリファレンス・アンプとしてもカタログの写真に登場しています。

ツインのギターアンプとしてのポテンシャルは様々語りつくされておりますので、ギタリストの貴兄におかれましては十分ご存知のことと思います。今回入荷のツインはあえて宮地楽器WURLY'Sに置いてRHODESをINPUT。ギターより音域の広いピアノでも試しております。

結果、これがまたツヤのある上質なサウンド。

たいていのエレクトリック・インスツルメントをきれいに再生してくれるツイン・リバーブのフトコロの広さを実感している次第でございます。
UA110726FENDER_TWIN_REa.jpg
もちろんギターでもお試しいただけます(笑)ので、ぜひ一度ご来店下さい。

商品ページはコチラでございます。


ではまた。

by MODA
お問い合わせフォーム



  • 2011.07.31 Sunday
  • -



  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10