LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2013.02.01 Fridayに書かれたものです。

みなさんこんにちは。

2013年ももう一か月過ぎて、残すところあと11か月になってしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

こちらのブログをお読みいただいている方にはすでにご案内差し上げている通り、ワタクシ共宮地楽器はTOKAI SUPER SHOPとして材にこだわったギターをプロデュースしてさせていただいていますが、今回ご案内いたしますのは、FENDER系。これまでの335スタイルやレスポールなどのギブソン系ではなく、カスタム・ショップへの挑戦です。

body_wood.jpg


材を実際に選定しましたのはまだ暑さも残る2012年の9月下旬の浜松。
残暑厳しい工場で、必至に働く東海楽器のスタッフのみなさんに、いつもいつも無理難題をお願いしては困らせていることを反省しつつ、さらに軽量ワンピース・アッシュ柾目ネックがあると聞きつけ、素材の良さを活かしきったギターをプロデュースすることを誓ったあの夏の日。思い出すと実際に完成まで4ヶ月。完成品を目の前にし、感無量でございます。

ash_1p.jpg

この手のギターを製作する場合、構想の段階で重量は数値として想定できておりましたが、いくら経験を積んでも演奏フィーリングは実器を手にするまで何も解りません。
このあたりはショップ・オーダーの難しいところ。プロトタイプを作成してトライ・アンド・エラーを重ね商品化される既製品とは違い、本番イッパツ勝負です。

IMG_2659.JPG

さて、自分がプロデュースに携わったギターを開梱する際の期待と不安が交差する感覚は、中年となってしまったワタクシにも多少の微熱とドキドキ感を与えてくれますが、あまり度が過ぎるとドキドキではなくバクバクになり、このまま心筋梗塞でギターの神様、いや仏様になってしまう可能性も大いにあり。クールに、客観的に完成品と対峙します。

tok-hte-k-07.jpg

箱を開け、果たしてどんなギターが出来上がっているのか、まずは外観からチェック......。
と、手にとった瞬間.... 「軽っ!!!!」

ネックのグリップ・フィールや外観などをチェックするよりも先に体感してしまう、このギターの最大の特徴、 「軽さ。」

そうだ、軽量なギターが目的のひとつだったのだ。と思い出す、材を選定したあの夏の日。
もう第一段階は合格です。で、ジャラーンと生で弾き下ろすと、軽量ボディの隅から隅まで振動が伝達し、鳴りきっているバランスのよさ。
しばらくはアンプに通すことなく、生鳴りを楽しむこと数分。柾目ネックの質感からくるしっかりとしたヌケのミドル・サウンドは、グリップした左手でも鳴りを体感できるほど。また当然のことながら自分の腹にダイレクトに伝わる鳴りのよいアッシュ・ボディとあいまって、全体のトータル・バランスをより一層VINTAGEに近いものに感じさせます。

そしてやっとアンプにプラグイン。
今回は素材の良さを確信していたため、ピックアップについては特に指定せず(あとで好きなピックアップにリプレイスすることを考慮したのと、売価を抑えるため)、TOKAIさんにおまかせしましたが、実にマッチングがよいTWANGな音。
TOKAIの純正ピックアップは妙なクセが感じられず、かえって素材のよさを素直にアウトプットしているようで、これはウレシイ誤算と言えます。

想像通りにできたというよりも、それは、想像以上の出来という印象です。
材やパーツはスペックで指定したものではありますが、細部まで届いたギター製作への情熱がなせる業なのでしょうか。細かく見ても一切の妥協を感じさせない丁寧な仕事。どんな細部のパーツも一つのサウンドを造るために存在しているのだという凄み。



320g.jpg
弾いたときのトータルバランスやネック・フィーリング、アンプに通したときのアッシュ特有なヌケのよさなど、工場で目の前にしたワンピース・アッシュの板と柾目のメイプル・ネック素材が彼らTOKAIスタッフの手でみごとに完成された楽器として開眼しております。東海工場の方々のスキルやプロセスは、日本のカスタム・ショップと言い切っていいでしょう。



tok-hst-k-03.jpg


IMG_2739.JPGギタリストがひとつの新しいギターを手にしたとき、そこから新しいストーリーが始まると云うのはよくある話でございます。しかし、そのストーリーの始まりの時点で、何人もの情熱が加えられ、このギターは幾多のストーリーを持って世に出ています。
あなたもこのギターを手にして、そのストーリーの続きをプロデュースしませんか?


詳細はコチラのページでどうぞ。
Tokai HST-MIJ LTD ASH STW/M

Tokai HTE-MIJ LTD ASH STW/M

ではまた。

                              by Moda

お問い合わせフォーム



  • 2013.02.01 Friday
  • -



  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10