LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2008.05.18 Sundayに書かれたものです。
ここまでブティック系の歪み系エフェクターが多種発売されると、ある意味混沌としてきて、悪く言えばどんぐりの背比べ、よく言えば(?)自由競争下の自然淘汰?と言いましょうか、今後は良いモノのみが残っていくことになるでしょう。
良いモノとは使う側の好みで決まってくるので、ある人には良いモノでもある人には悪いモノにもなるわけですが、その中でも個性的に特化していて、その支持者の多いモノに関してのみ良いモノとして後世に残るのではないでしょうか。ただし時代の価値観が後からついてくるモノもありますのでいちがいには言えませんが(苦笑)。
たとえば例を挙げれば、Ibanez TS-9(808)に関しては本当に好き嫌いが分かれます。しかしながら近年、内外のブティックメーカーでここまでリメイクされている、あるいは製品の設計ベースとなっている歪み系というのも他に例を見ません。ということは、それだけ現在の支持率が高いということにもなり、(全体的に見れば)良いモノと判断してもよいかと思われます。

しかし、一口に歪み系エフェクターと申しましても、それにしても数が多過ぎです。当店で扱っている歪み系も全体の中で言えばごく一部でありますし、次から次へと発売される機種を全てチェックするなどということは不可能に近いです。いや、不可能です。
そこで当店の場合、何を基準に本体を取り寄せ、まずはサウンドチェックをするところから始めるのかと申しますと、

1.当店の客層に合った商品であるか?どうしても客層はある程度は限られます。
2.常連のマニアの方、あるいはプロギタリストの評判や噂。
3.音楽雑誌の記事や、内外問わないプレイヤーの足元の写真。

これらによって大まかな商品を絞り込み、取引のある業者からはモノを借りてみたり、たとえばLANDGRAFFなどは噂や評判を聞きつけ、コチラから輸入代理店にアクセスし、新たに取引を始めたところもあったりします。

さて、そこで自分にはどのような歪み系が合っているのか?という素朴なというより究極な問題を常日頃からお考えになっている読者の方も多いかと思われます。それらの問題に対して、お答えは出せないまでも何らかのヒントになればと思い、当方の独断と偏見に満ちた(笑)歪み論をコチラで展開したいと思いますので、ご参考頂けたら幸いです。


では始めます。まず、いきなり本題に突入する前に、少し確認したいのがエレキギターはアンプと込みでひとつの楽器ということです。そんなの当たり前ぢゃん!と言わないで下さい(笑)。仮に想像して頂きたいのが、たとえばレコーディングにおいてマイクを使いますが、ヴォーカルなら口元に、管楽器や弦楽器なら楽器のそばにマイクを立てますね?ピアノもそう、打楽器もそう、アコースティックギターもそうです。しかし、エレキギターは違います。楽器本体でなくアンプの前に立てるのです。つまりヴォーカルでいう喉や口にあたる部分がエレキギターのアンプということになります。
そう考えるとエレキギターとアンプの組み合わせがその人の声、つまりギタリストとしての音となるわけで、どのアンプを使うのかは実はエフェクターを探すより圧倒的に重要になってくるわけです。そこをまず念頭に入れて、本題をご一緒に考えて頂けたらと思います。

さあ、ギターとアンプの選択が決まったとしましょう。それだけの選択肢ですでにひとつの個性が出来上がってしまいます。たとえばレスポールとフェンダーアンプ、テレキャスターとマーシャル、リッケンバッカーとオレンジ…といったような若干王道の組み合わせからは外れたマッチングであったなら、すでにサウンドは個性的であるし、この時点でその組み合わせのクセというものが存在してきます。ここは非常に重要なところです。
回りくどくもう少したとえばの例を挙げますと、ケーキを想像してみて下さい。食べるケーキです。ギター&アンプを仮にケーキに例えますと、まずスポンジがギターです。カタチ、大きさはある意味どのようにでも創れますね?そしてそこに塗る、あるいは間に挟む生クリーム…それがアンプです(チーズケーキのように生クリームでなくてもよいのですが、苦笑)。
ハイ、もうお分かりと思いますが、すでにここで味やカタチ、触感(食感?)のベースは出来てしまっています。人によってはこれだけで十分という方もいるでしょう。これがケーキ本来の味とも言えますし、食べ方はその人の好み、自由ですから。

さて、ケーキのベースが出来上がったところで、そこにプラスするデコレーションの部分。たとえば生クリームの素材と全く同じクリームをそのまま使い質感をリッチにするとか、スポンジと生クリームとマッチングの良い何か違ったモノを使用するでも良いのですが、それが歪み系エフェクターと言えるのではないでしょうか??
でっ、ついでに申し上げますと、例えばクリスマスケーキの場合ですが、サンタクロース等の飾り物やロウソクetc…は空間系エフェクターと言っても良いかもしれません(苦笑)。

次回に続く。

お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10