LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2016.06.14 Tuesdayに書かれたものです。
Gretsch 2016 New ラインナップ その2 “Players Edition”
2016 Namm Showで先行発表されていた GretschのNew プロダクトがついに日本国内の発売が決定!!
 


伝統のクールネスはそのままに、現代的な演奏生とサウンドを兼ね備えたこのPlayers Edition(プレーヤーズ・エディション)シリーズ。これまで「グレッチはカッコイイけど使いづらい」と思っていたギタリストには“うってつけ”のモデルたちです!!
シリーズの主な共通スペック


 
ボディー構造について


取り回しの良さとサウンドバランスを考慮し、ボディーの厚みをやや薄く設定。左がVintage Select Edition等に採用されている59年前期仕様のディープ・ボディー(2-3/4インチ、約6.8cm厚)右が“Players Edition”に採用されている、Thinner Body(2-1/4インチ約5.7cm)インチ。かなり薄く感じますが、2-1/4インチはヴィンテージの1961年製6120と同様の厚みとなっており、全く違和感はありません。

さらにボディー内部の構造(これはなかなか見れませんよ)!!
上が現行59年スタイルのトレッスブレーシング。下がプレイヤーズ・エディションに採用されている“MLブレーシング”と呼ばれるオリジナルのブレーシング。




下のMLブレーシングのネックジョイント側に支柱が無いのがお分かりいただけますでしょうか?この柱を無くすことで、薄いボディーでも効率よくトップ板を振動させ、ボディーのハコ鳴りを生みす工夫がなされています。
 
String Through Bigsby
なぜ、今までこれが採用されなかったのか!?
ビグスビーをお使いの方なら「これこれ!!」と言いたくなるナイススペック。



左が通常のユニット、右がストリング・スルー Bigsby。



これまで、ボール・エンドを突起に引っ掛けて弦を張らなければならず、弦交換の途中で「バイーン(笑)」と弦が外れてイライラした経験をお持ち方も多いのではないでしょうか。このユニットなら弦を通すだけ!!弦の捻じれも気にすることなく交換が可能。アーミング時のチューニングのズレも少なくなりそうですね。

その他の細かなハードウェアもモダンスペックに!!





ヴィンテージセレクト・シリーズ同様、Gretschオリジナルのヴィンテージ・スタイルキャパシター“squeeze box(オレンジ)”とハイパスフィルターの“Treble breed(ブルー)”を搭載。ボリュームを絞った際、サウンドにクリスピーさが失われてしまうのを嫌う方も多いかと思います。ハイパスフィルターは、その際に失われる高音成分のみをスルーさせシャキッとしたサウンドをキープする回路です。60年代後半からFENDERのテレキャスターに採用されているので、ご存知の方も多いのでは。



さらに、こちらのシリーズは全機種マスタートーンにこのポットを採用しています。通常のポットでは、スイッチの時にセレクト可能だったバイパスのトーンが選べなくなります。そこで今回採用されたのが、この“No Load Tone Pot”。Fenderユーザーの方はご存知の方も多いかと思いますが、このポットは10に回し切ると「カチッ」とクリックを挟みバイパス(トーン回路を通らない)状態になります。これにより高音のロスがなくなり、ピュアなトーンが得られるわけです。



全機種に0フレット無しのタスク(人工象牙)ナットを採用。好みもありますが、開放弦のサウンドがよりクリアーになります。
アウトプット・ジャックは強度を考慮したメタルプレートを採用。



激しいステージ・アクションに耐える、定番のシャーラー製ロック式のストラップ・ピン。
ペグはグローバーのロッキング・チューナーを搭載(一部機種除く)。
ロック式のチューナーはブライアンセッツァーでお馴染みの定番モディファイですね。



そしてお馴染み“Pinned Rocking Bar Bridge”。通常アーチトップのフルアコは木台ごと固定されておらず、弦のテンションのみで止まっています。もちろん強いピッキング時には動くこともあり、多くのユーザーが様々な方法でカスタムしていました。そこで考えられたのが、木台裏からピン状の突起を出し、ボディートップ側で受けを設けることで固定する“ピンドブリッジ”です。ハードな演奏にも耐えうるグレッチの必須スペックが、このプレーヤーズ・エディション シリーズ全機に搭載されています。(モダン・モデルにバー・ブリッジを選んでいる点は個人的に疑問ですが…、それはお好みでカスタムすればOKですね)。その他、P.Uは国産のHigh Sensitive Filter'Tronを、塗装はGloss Urethaneを採用しているようです。
最後にスペックシートにありませんでしたが、サイドポジションがべっ甲柄に!?なっていましたが市販モデルはどうなるのでしょう。
 
ライナップを一挙にご紹介!!
dotp G6136T-BLK Players Edition Falcon


dotp G6136T-WHT Players Edition Falcon


ロングスケールに17インチボディー!!Gretsch最上位機種ファルコンはブラックとホワイトをラインナップ!!

dotp G6120T Players Edition Nashville


dotp G6120TFM Players Edition Nashville


看板機種のG6120“ナッシュビル”はプレーントップとゴージャスなフレーム・トップ!!

dotp G6118T-SGR Players Edition Anniversary


dotp G6118T-LIV Players Edition Anniversary


通称“ダブルアニヴァーサリー”G6118も2機種。定番の2tone smoke greenにクールな2tone Lotus Ivory Colorが登場!!

dotp G6119T Players Edition Tennessee Rose


dotp G6122T Players Edition Country Gentleman


日本国内でも愛用者の多いテネシーローズとシンプルなカントリージェントルマン!!

dotp G6120TLH Players Edition Nashville


レフティーの方も「ご安心してください、ありますよ」
展示されておりませんでしたがファルコン等、他のモデルでもレフトハンドがラインナップされているようです。



ロックンロール、ロカビリーのイメージが強いグレッチですが、このシリーズは幅広いジャンルでお使いいただけます。伝統を守りつつも、新しいユーザーにアピールすべく考え抜かれたスペックにGretschの意気込みが伝わります。私自身はクラシック・グレッチ派でございますが、GRETSCHらしいクールなルックスを壊すことなく洗練されたスペックを取り入れた「あり」な一本たちです。これでグレッチを一度使ってみようと言うギタリストが一人でも増えてくれれば最高です。(偉そうにすみません)

間もなく発売となりますのでお楽しみに!!
Gretsch 2016 New ラインナップ その1 “Vintage Select Edition”

担当:山田
お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10