オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2016.06.21 Tuesdayに書かれたものです。
Vanzandt
Vanzandtの本気。 好評のハカランダ指板 Classic Series 第3弾 JMV-CS2J 1958 当店オーダーカラー!!
好評のハカランダ指板「Classic Series」の第3弾はJMV!!
1958年製の実機を基に製作された限定12本、ピュア・ヴィンテージスペックのリミテッドモデル。
Vanzandt

1958年のNAMM SHOWで発表されたJazzmaster。今回はなんと、デビュー時のフライヤーに掲載されたプロトモデルとされる個体からネックとボディーの形状を計測。さらに、指板にはハカランダ(ブラジリアンローズウッド)、ネックの仕込みから組み込みまで、レギュラーとは異なったクラシック仕様にアレンジが施されております。元々の企画は2トーンサンバーストにメタル・ノブ仕様のプロトモデルの再現でしたが、せっかくのチャンスということで、「ありそうでなかった」当店オリジナル・カラーでオーダーいたしました。

今回当店分のオーダーは2本。

VanzandtVanzandt
Vanzandt/Classic Series JMV-CS2J 1958 (59 3-Color Sunburst)
※3CSにはクリームのP.Uはカバーも付属します。

Vanzandt
Vanzandt/Classic Series JMV-CS2J 1958 (59 Solid White)

共通スペック
Body: Alder 2Piece
Neck: 1958 U-Shape Maple
Fingerboard: 180R Brazilian Rosewood
Scale: Long(25.5inch)
Frets: Vintage Type 21Frets
Pickup: Less Pressure Fullertone SET
Control: Master Volume / Master Tone / Vintage Cearamic Caps / Preset Front Volume & Tone
Vanzandt Original White Hardcase、保証書付属


まずは1959年をイメージしたサンバースト・カラーから

Vanzandt

リムのブラックを少し厚く強調し、レッドをしっかりと残した鮮やかなサンバーストをチョイス!!ピックガードをべっ甲柄に変えてもクールでしょう。(※ P.Uカバーはクリームも付属)

次はヴィンテージホワイト

Vanzandt

初期アノダイズドJMと言えば、ASHボディーにWhite Blonde組み合わせが歴史的に見れば一般的ですが、今回はボディーがアルダー材ということで、59年のホワイト・ブロンドを参考に、そのままソリッド(透けていない)カラーにアレンジ。50年代のMusic master(デザートサンド)にも似た組み合わせになっています。こちらもべっ甲ピックガードが似合いそうですね。

Vanzandt

ヴィンテージライクなサウンドを追求した専用P.U Vanzandt Less Pressure Fullertone にヴィンテージ・セラミックコンデンサーの組み合わせ。コントロールはレギュラーとは異なり、オリジナル同様にプリセット・コントロールを採用。

VanzandtVanzandt

ファット でメローなフロントP.U、バリバリのサーフサウンドを生み出すリアP.U、リズミックでバランスの良いミックス・ポジション。JMに求めるサウンドが全 てにおいて高次元で出力可能。アノダイズドPGの組み合わせはゴージャスなルックスだけでなく、金属的倍音とノイズ対策にも一役買っています。

Vanzandt

1958年の実機から採寸した程よい厚みのUシェイプ、ヴィンテージタイプのフレットに指板ラジアスも180R(7.25R)とクラシックなスタイルを踏襲。ボディー形状もオリジナルを基に、非常にセクシーなコンターラインを描いています。

Vanzandt

洗練された操作性とヴィンテージ・サウンドの融合がこのモデルの真骨頂。日本が誇るVanzandt/PGMならではの組み込み技術がオリジナルのウィー クポイントを見事に解消しています。バズ・ストップやモダンなブリッジパーツを使用することなく、ローアクション・せッティングとヴィンテージライクなテ ンション感を実現。高い実用性を誇りながらも、決して本家の「らしさ」を失っていない点は、さすがヴァンザントです。

VanzandtVanzandt

60年代のサーフミュージックに始まり、90年代のオルタナティブまで、その時代ごとにサウンドに応えてきたJM。極端なイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、本当に良いJMはストラトにも劣らないサウンドと汎用性を持ち合わせています。

現時点で十分にGoodサウンドですが、フルラッカーによる極薄のフィニッシュとハカランダ等の希少材が経年によって起こす「一体化」によって、初めてこのギターは完成するのではないでしょうか。ルックスだけではない「Neo Vintage」サウンドをあなたの手で育て上げてください。

お問い合わせフォーム







  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10