LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
  • Centaurus
  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2014.11.24 Mondayに書かれたものです。
3日間の楽器フェア、無事に終了いたしました!

お客様にとって思い出になる、印象に残った商品はございましたでしょうか。


当店としては、各スタッフとの連携等を再確認出来た機会でもあり、よりいっそうお客様に素敵な商品、サービスをご案内出来るようになると確信出来た日でもありました!

今後とも宮地楽器店を宜しくお願い致します。

当店ブースにて展開されていた、販売期間が指定されていた商品も、ただいまオンライン上でもご購入いただける状態となっております!

また、当店ブースへお越しいただいて、「あぁ、このエフェクター、このギター、ベース、シンセ、良かったよなあ。。。でも、頭を冷やしてもう一度考えてみようかな。。。!」

などなど、大変有意義なお時間をお過ごしいただけたことと思います!

ご自宅でごゆっくり、三連休最終日に、いま一度お考えいただけいただければ光栄でございます!

そして、楽器フェア終了後、商品一点物の売切れや、商品のお値段が変わる可能性もある商品もございますので要注意でございます!

そしてそして、迷っているお客様へ......!!!

オンライン上でのご購入特典がございます!!!

各、宮地楽器店WEB上からご注文いただく際、備考欄/コメント欄のところへ「WF1411」とご記入いただきますと、

お買い上げ金額¥30,000-以上の場合¥500お値引き!!!

お買い上げ金額¥50,000-以上の場合¥1,000お値引き!!!

させていただきます!!!!!!

期間は〜2014年12月14日(日)まででございます!

この機会に是非、気になるあの商品、この商品とお選び頂ければと思います!

http://miyaji.qi.shopserve.jp/

(kaから始まる商品のみ値引き対象商品とさせていただきます)

以上、宜しくお願いしたします!










 
お問い合わせフォーム




この記事は2014.11.23 Sundayに書かれたものです。
楽器フェアの催しも残りあと僅かになりましたがご覧通り、当店ブースも大変盛況でございます!

取り急ぎ楽器フェア展示商品をお載せします!


そして!....いつも当店ブログをご愛読いただいているお客様へ感謝をこめてプレゼントがございます!

宮地楽器店WEB上からご注文いただく際、備考欄/コメント欄のところへ「WF1411」とご記入いただきますと、

お買い上げ金額¥30,000-以上の場合¥500お値引き!!!

お買い上げ金額¥50,000-以上の場合¥1,000お値引き!!!

させていただきます!!!!!!

期間は〜2014年12月14日(日)まででございます!

この機会に是非、気になるあの商品、この商品とお選び頂ければと思います!

宜しくお願いします!


(kaから始まる商品のみ値引き対象商品とさせていただきます)

http://miyaji.qi.shopserve.jp/
お問い合わせフォーム




この記事は2014.11.23 Sundayに書かれたものです。

おはようございます!

本日は11/23(日) 楽器フェア最終日でございます!

東京ビッグサイト国際展示場にて17:00まで開催されておりますので、どうぞお気軽にお越し下さい!

色んな製品が試せてたり、間近で見て、触ることが出来る空間になっております!

宮地楽器店ブースは「G」販売ブースの23番地にて展開しております!

お待ちしております!

...そしてそして!!!

本日お越しいただくことが難しいお客様にとっても当店からとっておきのサービスがございます!

宮地楽器店WEB上からご注文いただく際、備考欄/コメント欄のところへ「WF1411」とご記入いただきますと、

お買い上げ金額¥30,000-以上の場合¥500お値引き!!!

お買い上げ金額¥50,000-以上の場合¥1,000お値引き!!!

させていただきます!!!!!!

期間は2014年12月14日(日)までございます!

この機会に是非、気になるあの商品、この商品とお選び頂ければと思います!

http://miyaji.qi.shopserve.jp/
お問い合わせフォーム




この記事は2014.11.22 Saturdayに書かれたものです。
当店お得のブランド!Hofnerにいきましょう!

楽器フェアにて大変面白いモデルがザクザクお披露目されております!

まずは一本目を。。。


んんん!?なにやら不思議な色をした指板がついてますよ!?こちらは正真正銘のHofnerでございます!

どうやら素材は非公表とのことですが、おそらくグラファイト系の素材と思われます!実際の見た目も写真と変わりなく、水色です!

個人的にはクラシックな印象に、モダンな色を融合したモデルはとても興味がわきますね!




2本目のお隣りはローズバックのHofner!



当店のお取引に大変ご好意いただいているメーカーご担当者さまと、当店屈指の千里眼を持つギター、ベース担当と談笑されてらっしゃいます!

当店にも並ぶ日が来るのでしょうか!?乞うご期待ですね!

そしてHofnerの最新カタログでございます!



やはりどのプロダクトにも言えることですが、良いメーカーブランドのカタログは本当に吸い込まれるデザインをしていますね。。。

以上、Hofnerのご紹介でした!

当店、Hofnerの在庫も下記リンクまでどうぞ!

※楽器フェア出展中の商品に関しましては11月24日以降発送になります。また、店頭即売会も実施しております。在庫反映には万全を期しておりますが先行で売り切れてしまう可能性もございます。
予めご了承下さいませ。
http://miyaji.qi.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=hofner

 
お問い合わせフォーム




この記事は2014.11.22 Saturdayに書かれたものです。
おはようございます!

宮地楽器店は本日も大変、楽器フェアが賑わっております!

特にギター/ベースエフェクターの評判が上々で、やはりアニメ調なエフェクターにブームの兆しがありますね。。。!

「まほろば」「うらら」が好評の奈良発ハンドメイドエフェクターブランド「minimichine」 はご存知でしょうか?


淡い色合いに凛とした女性のモチーフ、かわいいニャンコがとても素敵です!

当店では新作の歪み系を開発中という情報をキャッチし、水面下でその誕生に向けて共に準備を続けてきました。

楽器機材の見た目は大事で、目で見たものを耳で連想させ、音に昇華させる。。。なんて芸術的なことでしょうか!

そんな気になるエフェクターたちをご紹介します!

商品詳細は下記リンクページまでどうぞ!
http://miyaji.qi.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=minimichine

※楽器フェア出展中の商品に関しましては11月24日以降発送になります。また、店頭即売会も実施しておりますので在庫反映には万全を期しておりますが先行で売り切れてしまう可能性もございます。
予めご了承下さいませ。
お問い合わせフォーム




この記事は2014.11.21 Fridayに書かれたものです。
イリアさんこと奥野 敦子さまでございます!

当店のBGをご成約お客様のピックガードにサインまでしていただき、ご一緒にお写真も撮っていただきました。

当ブログから改めてお二方へ、お礼を申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

BGのお取り扱い在庫はこちらからどうぞ!

http://miyaji.qi.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=greco+bg
お問い合わせフォーム




この記事は2014.11.21 Fridayに書かれたものです。
この記事は2014.11.21 Fridayに書かれたものです。
さあさあ!はじまりましたあ!楽器フェア!

相当のお客様に来ていただいて光栄でございます!

会場早々、当店店長の手の速さをご覧ください!どれだけ気合いの入ってるかわかりますね!


まずはグレコの別注モデル!渋く出来上がりました!

http://miyaji.qi.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=greco+bg


次はレゲエマスター!チェリー!かわいくも大人びたルックスがいけてます!フロントPUに注目ですね!

商品詳細はコチラ!
http://miyaji.qi.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=%E3%83%AC%E3%82%B2%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

エフェクターはブラックスワン!ひと際目立って展示しております!


商品詳細はコチラ!
http://miyaji.qi.shopserve.jp/SHOP/ka-g-052614-ha07.html

それではビッグサイトでお待ちしております!

 
お問い合わせフォーム




この記事は2012.11.11 Sundayに書かれたものです。

 こんにちはiです。

実は最近よく家でギターを弾くようになりました。ただ、諸事情によりアコースティックギターを家で弾くわけにはいかないので、当然エレキがメインとなるのですが、実は私、家用のアンプを持っていません。
以前はヘッドフォンが使えるものやら、何やら所有していたこともありましたが、ヘッドフォンというのがまず精神的なストレスになりますし、逆にスピーカーから音を出した時にある程度の音量を出さないと良い音が出ないので、結局繋ぐのが面倒になってしまう…。よってアンプから遠ざかる。
でもここでも何度も申し上げてきました通り、エレキというものはアンプとふたつでひとつの楽器です。生エレキでチュンチュンやっていても気持ちが乗ってはきません。結果的にギター自体から離れてしまう場合もあるわけですね。

数年前に流行った5Wクラスのブティックアンプもそれは購入を考えたこともありました。しかしながら、隣近所がすぐ横の狭い部屋では5Wでも音が大き過ぎます。しかもやはりある程度の音量が良い音を出す為には要求されてしまう。それに値段もそこそこしてしまう為、どうせなら小さい小屋で使える15Wくらいのアンプを購入する方が合理的というわけでそれもやめました。

そんな近年、1Wのチューブアンプというものが各メーカーから出ており、注目されております。しかしながら当然のごとく同じ問題が起こるのは必至です。と申しますのは、我々が良い音と感じるのはその音色、歪み感ももちろん大切ですが、音圧感…つまり迫力というものを必ずどこかで要求してしまう。1Wと言えど音圧を出すのにはやはりそれなりな音量が必要なのです。マスターヴォリュームで絞れば?という考えもありますが、パワー管が鳴っていない細い感じになってしまいますし、ではアッテネーターをアンプのスピーカーの間にかませば?という考えもありますが、当然それによる音質劣化は必ず生じるわけです。しかも、アッテネーターをかましてまでと考えるとどこか面倒で敬遠してしまいがちです。


では何か良い方法はないのか??


答えは…あります!!


数年前、プロツールズのイレブンラックが発売された頃、アナログ楽器担当としてギター・プロセッサーとしての性能がどれくらいのものかインプレッションさせていただきました。

「デジタルが向かう先とアナログが行き着く先1~3」
http://miyajiguitars.jugem.jp/?cid=19

その時に感じたことは、遂にデジタルもここまできたか!が率直な感想でしたが、デジタルの世界の3年というのはアナログだと何年に値するのか想像も出来ませんが、確実に当時より進化したギター・プロセッサーソフトが登場しています。
ギター・プロセッサーソフトというと、中にはアレルギーを起こされる方もいるかもしれません(笑)。もちろん、ギターサウンドというのはアナログの塊です。当然アナログの深さを超えることなど当面は出来ないでしょう。しかしながら、以前にも述べさせていただきました通り、道具と考えたらいかがでしょうか?

デジタル=道具(ツール)であると…。

もちろん道具は道具なので、それを所持することの喜びの様なものはありません。アンプやエフェクター、そしてギターを購入する時の心のトキメキはないですし、仮に売却することになった場合の価値は無きに等しいでしょう。ただし、その道具を使用することによる「満足感」「達成感」を感じる時間、つまり音楽的充実は得ることが出来ます。場合によってはフレーズを音源として残すといった作品も作れるわけです。まさにハードに対する「ソフト」そのままといった感じかと。

では具体的にこのソフトを使用すると、前述した家でギターを弾く場合の問題の何が解決出来るのでしょうか??

一言で申し上げるならば「音量と音圧」です。

通常、我々はギタリストがアンプ(キャビネット)から出したサウンドをレコーディング・エンジニアがマイクで拾い(ラインの場合もあるが)、それをトラックダウン、マスタリングといった工程を経てCDの様なメディアによる作品として聴くわけです。即ち、ギターサウンド=アンプサウンドとは微妙に違うわけですね。
そのエンジニアが行う作業で空気感(アンビエント)だったり、音圧というものが決まってくるわけですが、ギター・プロセッサーソフトというのはそこまでシミュレート出来るわけです。
キャビネットの前に立てたマイクの位置まで自分で決められる。もちろんマイクの種類は当然ですし、アンプやキャビネットの種類、エフェクターまで、組み合わせを考えたらとんでもなく様々なサウンドが作れます。仮に初期のヴァン・ヘイレンのあの真空管がとぶ寸前のマーシャルの圧倒的な音圧感は、いくら優秀なチューブアンプがあっても家では再現出来ません。それをシミュレートするのがこのソフトなんですね。
しかも、インターネットとメールが出来るくらいのパソコンの知識さえあればそれが可能です。オーディオ・インターフェイスという機械からスピーカーを通して音が出ますが、その音量=音圧ではありません。聴こえるか聴こえないかくらいの小さい音量でもギターサウンドは物凄い音圧で鳴っているわけです。

確かにデジタル=バーチャルには違いありません。しかしながら、単純に練習の為、あるいは作品作りの道具と割り切ったらどうでしょう?こんなに便利なものはないというわけです。しかも何度も申し上げますが、デジタルと申しましてもそのサウンドの良さは10年前とは桁違いに進化しています。


ここまで書かせていただいたところで、少し脇道にそれますが、先日チャーさんのZICCAレコードのサイトに行ったところかなり面白いものが有料でダウンロード可能になっておりました。それはアルバムTRADROCKシリーズの曲がマイナスワン(各1パートのみ入っていない)で購入出来る様なのです。つまり、仮にギターだけ入っていないマイナスワン音源を購入するとします。その音源をパソコンで再生しながら同じパソコンでギター・プロセッサーソフトを立ち上げ、音色を作り、同時に弾く…。音が出てくるところはオーディオ・インターフェイス→スピーカーです(PCの設定でそれが出来ます)。
先ほどお話させていただいたマイキングの話も思い出しつつご想像願えたらと思います。


さて、話が相変わらず長くて申し訳ありません。
というわけでいかがでしたでしょうか?それでもデジタルはちょっとという方におススメなのが以下の私共のセミナーでございまして、これは前述しました家でギターが弾けない、あるいは弾いていても気持ちがよくないといったお悩みをお持ちの方には絶対的におススメなのと、DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)初心者あるいはこれからの方でもわかり易くご説明するイベントです。

まだお席はございますので、是非お気軽にお申込み下さいます様宜しくお願いいたします。
ではまたー!

i


ひとりギター
2012年11月25日(日) 14:00〜 16:00〜


宮地楽器神田店 03-3255-2755

「ひとりギター」セミナーのご案内PVが観れます。こちらへ→GO!!
 

お問い合わせフォーム




この記事は2012.09.17 Mondayに書かれたものです。

 

こんにちは!お久しぶりです。iです。

来る今週土曜の2012年9月22日ですが、DIGIRECOさんが企画するEffEXPOというイベントに当方取扱いエフェクターブランド、LOUD&PROUDHAMP/BACK ENGINEERINGを出展いたします。
www.effexpo.com

これはデジデザインのavidさんのご厚意によるよるもので、宮地楽器のブースではなく、avidさんのブースに間借り(?)させていただくことになっております。

もちろん、話題のPRO TOOLS+ ELEVEN RACKの方もセミナー併せ、バリバリ展示いたしております!
皆様、是非お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。






ではでは!

i




お問い合わせフォーム




| main |


  • Centaurus
    • dekoni audio
    • isovox
    • cla10